今月、Sustainability Science誌に「Japan's mega solar boom: quantifying social equity expectations and realities at local scale(日本のメガソーラーブーム:ローカルスケールにおける社会的公正の期待と現実の定量化)」と題した新しい論文が掲載されました。この論文は、私の同僚であるノースイースタン大学のティム・フレイザー氏とともに執筆したものです。
概要:本研究の目的は、日本の地域レベルでのメガソーラー設置に伴う公平性と負担の分配の変化を定量的に明らかにし、社会的公平性と負担の分配の結果という観点から、各地域や都道府県におけるメガソーラー設置の結果を明らかにすることである。調査とインタビューにより、メガソーラー設置に関連するエネルギー政策上の重要な要因と、設置に関連する地方自治体の担当者が認識している重要性を明らかにしました。日本のメガソーラーサイトのうち、最大200カ所の29カ所から得られた重要な要因と重要な知見を基に、健康、環境改善、電気料金、雇用、コミュニティ開発などの社会的公平性の結果について定量的な分析を行った。さらに、各地域でのメガソーラー展開による負担の分配についても分析しています。調査したすべてのケースにおいて、メガソーラーの展開は、貧富の差を縮める望ましい負担の分配により、社会的公平性の向上につながる。地域的・地方的な要因は、サイト間の比較衡平性と負担分配の結果に影響を与える。特に、既存の粒子状物質濃度、化石燃料産業と再生可能エネルギー産業間の雇用の変化、電気料金の引き下げなどが挙げられる。これらの結果は、政策立案者にとっての課題と機会を示しており、国、地域、地方の特性に基づいてメガソーラーを積極的かつ公平な展開を可能にする。

Mega Solar Deployment Social Equity and Burden Scores for Energy Regions of Japan
Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です