Dec 2020: 2 New Publications

今月、「Energy Policy」と「Applied Energy」に2本の新しい論文が掲載されました。 

最初の論文では、エネルギー貧困の問題と現在のアプローチの限界を扱い、質的・量的な手段に基づいた日本の多次元エネルギー貧困指標を詳細に説明しています。

2つ目の論文は、九州大学のHoa博士によるもので、日本の都道府県を対象とした炭素取引スキームの最適化モデルを詳細に説明しています。このモデルでは、潜在能力と効率に応じて再生可能エネルギーの導入を最大化します。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です