I2CNER、九州大学、東京大学の3者による長年の共同研究の結果、将来の水素経済と水素の社会的普及に関する共同論文がInternational Journal of Hydrogen Energyに掲載されました。 

本論文では、政策の実施、炭素目標、技術の学習曲線、炭素回収・隔離技術の遅延の可能性を考慮して、将来の水素経済シナリオのモデル化を行いました。

将来のエネルギーシステムにおいて、水素は最終エネルギー消費の最大2%を占めるほど重要な役割を果たす可能性があると考えています。特にアメリカ、日本、西ヨーロッパ、中国、東南アジアでは、燃料電池自動車が重要なユースケースとなっています。 

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です